ダルマの概念をくつがえす。

*

一度見たら忘れられないダルマと言えばコチラ!
 

 
これは仙台の松川だるま(写真は高さ10cmの物)。
青く、金粉も散らされとても派手です。
両目すでに塗られていますが、僕の願いが成就したわけでなく、最初から塗られています。
 

さらに驚きなのがコチラ!
 

 
まさかのツートンカラー。しかも赤と青。
 

斬新なため、現代の作家さんが制作したと思ってしまいそうですが、
歴史は古く、天保の時代から伝わっているとのこと。
斬新でありながら、伝統を感じさせるダルマ。
今日も圧倒的な存在感で僕の部屋を見守っています。

[2012年11月27日]  カテゴリー[ オブジェ ] |   コメント (0)
*

深大寺のだるま市

*

深大寺のだるま市に行ってきました。
これは毎年3月3、4日に開催される、日本三大だるま市の一つです。
どんなだるまが売っているんだろうと行ってみた所、
 
売っていたのは・・・
 

だるま!
 

だるま!!
 

だるま!!!
 

だるま!!!!
 
一つ上の写真の真ん中や上の部分に置いてあるような個性的なだるまがたくさん見たかったですが、
昔からの伝統を守った基本的なだるまを売っている所がほとんどでした。
 
 
そして買ったものは・・・
 

 
猫!
お腹にだるま!!
ダブルでお得!!!
 

[2012年3月5日]  カテゴリー[ オブジェ ] |   コメント (0)
*

正月からお気に入り民芸品がどっと増える。

*

無印良品が福缶という企画をして正月に売り出しました。
なんとこれは一缶に一つ東北の民芸品が入っているという震災の復興支援も兼ねた企画。
民芸品好きとしては是非手に入れねばと年末年始は気もそぞろでした。
 
いくつか買ってみた所ものすごく気に入った民芸品が。
それがこの「ねむりえじこ」です。
 

 
なんというかわいさ、なんというクオリティ。
丸い木をくり抜いて中に丸い木を入れて動くというギミックも面白い。
さらに頭も丸い。
丸三つで構成されていて無駄がなく全然飽きません。
 
製作所の「木地処さとう」さんは震災から避難し現在は群馬に一時移転して再スタートしたとのこと。再スタートできてよかった。民芸品をこれからもみんなに届けてほしいです。
「木地処さとう」のホームページはここ。http://kijidaruma.com/
「ねむりえじこ」も買えます!!
 
 
さて、さらに調べていると
無印良品の表参道にあるFound MUJIで民芸品展をやっているとのこと。
これも東北の民芸品を売っていて、もちろん情報を得たあとすぐに出発。
買ったものは・・・
 

 
六原張子の福犬。これは前からほしいと思っていた一品。
お面と合わせるのが斬新だし合わせるとかわいい。
製作所の「さわはん工房」のホームページはここ。http://www6.ocn.ne.jp/~sawahan/
 
さらに福缶に入っていてお気に入りになった鳩笛とは別の種類の鳩笛が売っていたのでそれも購入。
 

  
二つならべるとかわいい上に、赤ちゃんに向かってしょっちゅう吹いて楽しんでます。
 
最後に福缶で出たものと買ったものを合わせてどうぞ。
 

[2012年1月7日]  カテゴリー[ オブジェ ] |   コメント (0)
*